FC2ブログ

今年も会えた(^-^*)/ ヒメギフチョウ

今年も会えた(^-^*)/ ヒメギフチョウ
カタクリの花が咲き出してると聞き、去年ヒメギフチョウに会えた公園に
行ってみた。

ヒメギフチョウ 
(左)翅を開いてる  (右)閉じてる
 200329himegif2.jpg

(左)カタクリの花  (右)食草 ウスバサイシン
200329katakuri.jpg 200329usuba.jpg

北側斜面、落ち葉で一面茶色のじゅうたん、といった感じの林の中
まだほんの、一部咲き、くらいのカタクリの群生地。
既に別の場所で、見たよ!と聞いてたので、ここでも飛ぶかなあ…と
期待を込めて行ってみた。 
しばらく見ていると、ひらっと飛んだのが見えた! 嬉しいぃ~♪
花には止まらず、絵としては (@_@) だけど、会えたのが嬉しいので、
地面の上のを撮ってきた。 今日は一頭のみ。

頭上では、エナガ ヤマガラ シジュウカラが、忙しそうに行き来してて
直ぐ近くからウグイスのさえずりが聞こえて、林の奥ではカケスが!
足元も、見上げても、楽しいひとときを過ごした。 


新型コロナウィルスの感染者が又増えたと、ニュースで。
新学期になっても、色々な行事が中止になりそうだ。
なんとか収束するまでは、人とあまり会わないで過ごさないと。
東京在住の次女からメールが来て、
小包送ったけど、ウィルスついてるといけないから、着いたら3日位
開けないように、だって。72時間くらいウィルスが生きてるかもしれない
んだって。嫌な世の中になったものだわ…。
大丈夫、除菌スプレーをしてから開けるから。
東京に住んでる、貴女達のほうが心配だよおぉぉ。
気をつけて気をつけて!


スポンサーサイト



菜園をそろそろ春仕様にしないと。

菜園を、そろそろ春仕様にしないと。
空いた畝は耕して、まだ植えてあるものの今は?と見に行った。
遅霜がこちらでは4月半ば頃まであるので、じゃがいもはもう少し
待ってから、私は植えるけど、気の早い方はすでに植えてるみたい。
今年は暖冬だったから、大丈夫かもしれないな、とは思うけど。

収穫をして畝を空けてしまいたいものもあるけど、まだ倒す気には
ならなかった。

(左)冬菜の菜っ葉 と、プチベール
(右)脇芽ブロッコリー とんがりキャベツ ケール
200327syukak1.jpg 200327syukak2.jpg
これらはまだしばらく収穫できそう。 とうだち始まってる。
とんがりキャベツは、お試しで植えたけど、葉っぱが硬そうだわ。


庭の植木鉢の (左)ケール  (右)ビーツ
200327kale.jpg 200327beetu.jpg
ケールは、7月に種を蒔いたもので、菜園と植木鉢、両方で育ててる。
植木鉢のほうが先に、花芽がでてきたので、うまくいけば、又、
自家製の<種>が採れるかもしれない。
他の菜花と交雑しないようにすれば種が採れるはず、と、ブログ友の
のんびりさんに教えてもらったので、菜園では交雑の心配が<大>と
いうことなので、庭で植木鉢でも育ててみている。
うまくいきますように!!!

ビーツは冬の間どうなんだろうと思いながら、秋に種を蒔いて冬を越した。
この頃なんだか、葉っぱが元気に青々としてきたので、無事に冬を越して
成長を始めたみたいだ。 楽しみ(^-^*)/
根がしっかり膨らんで、しっかりビーツになったら(言い方 変?)
大成功だあぁ\(^o^)/ まだ\(^o^)/は早いね。。。

菜園の完全春仕様は、まだできないかな。 もう少し先だね。

東京2020オリンピックが史上初めて、延期になった。
新型コロナウィルスの感染が足元からじわじわと増えてきている。
予想ができない不安が世の中に蔓延してる。
相変わらず、マスクは店頭にない。 
東京にいる娘や友人が心配。 感染爆発回避できるかどうか・・・。
せめて手洗いうがい、実行しよう。

庭のスプリングエフェメラル?

早春にひっそり咲く野の花たち。
30数年前に、今はすでに住宅地になっている場所、その頃はまだ
宅地予定地として、そこにあった野山。
越してきてご近所さんと歩き回り、野山からいただいてきた、花たちが
我が家のスプリングエフェメラル(と言えるかどうかは?)

(左)しょうじょうばかま と かたくり(つぼみ)  
(右)春ラン
 200326niwahana_2.jpg

(左)キクザキイチゲ  (中・右)ミスミソウ
200326niwahana3.jpg 200326niwamisumi2.jpg 200326niwamisumi1.jpg

30年たっても、さほど増えてないのが残念だけど、消えもせずに
毎年庭の隅っこで春を告げてくれる。

もう少しすると、サクラソウ マイズルソウ ヒトリシズカ 等も
咲くと思う。 咲いたら又その時にアップ予定。

シジュウカラ巣材運び はじめた。

シジュウカラが巣材運びをはじめた。
去年は 4/1 だったので、10日ほど早い。暖かい冬だったからかな?
窓越しに撮ってみた。
 200323suzai3.jpg 200323suzai2.jpg

夕方、西日があたって、暖かそう。 前側が東、後ろ側が西。
巣箱をかけてあるのは、おおてまりの木。 新芽が少し出て来てる。
200323suzai5.jpg 200323suzai4.jpg 200323sime.jpg

(右)八重桜にシメがきた。 まだ嘴は鉛色にはなっていないようだ。

巣材運びがはじまると、他の鳥や猫なども、落ち着かなくなるみたいで
今日は、ヒヨドリやスズメが巣箱近くによく姿をみせた。
のら猫がじっと小鳥の動きを見てたりして、シジュウカラも気を抜けない。 
私も気がもめる…。
で、手が空いた時はじっと庭を見てることに。
今日庭に来た鳥  
シジュウカラ ヤマガラ シメ ヒヨドリ スズメ コゲラ キジバト 



サヤ類に支柱を

昨日(3/20・春分の日)朝から夜中まで、強風がふき荒れた。
台所の外においてある、生ごみたい肥をつくる容器が転がったり、
プランターが倒れたり、小鳥用の餌かごがゆさゆさ揺れたり…。
我が家では被害はなかったけど、ニュースでは電車が止まったり、
停電になったりした所もあったらしい。
こういう日は、家の中でじっとしていた方がいい。

一夜明けて、気になってた菜園に行った。
玉ねぎのマルチの、ビニールがひらひらしてたので直して、
サヤ類にかけてた、飛ばされそうな不織布をはずして、それから
支柱をたてて、西側に不織布を折りたたんで風よけにした。

(左)きぬさや  (中)ツタンカーメン  (右)脇芽ブロッコリー
 200321tutan.jpg 200321burokkori.jpg

スナップエンドウにも、同じように支柱と風除けを作って時間切れ。
また明日続きをしないと。。。
風のせいもあるかな?地面はからから。 明日の予報の雨に期待。

一応収穫も少しあった。
冬菜の菜花  プチベール  未成熟だけどキャベツ  ケール
脇芽ブロッコリー など。


今日は青空で菜園日和。
ご近所さんもいっせいにどーっと繰り出してて、思い思いに農作業を。
タネを蒔いてる人、苗を植えてる人、耕してる人、深~く穴を掘ってる人。
私はまだ、サヤの世話をしただけ。 焦らない焦らない、ゆっくりやろう…。


そうそう、今日午後、
庭の巣箱に、シジュウカラが巣材を一回(のみ)運び込んでた。
早い! 去年は 4/1 だったから、10日も早い。
でも、一回でやめちゃったので、本格的に巣作りを始めたわけじゃない
のかも。


追記(3/22)
シジュウカラ、まだそれほど、せっせ せっせ というわけじゃないけど
巣材運びを始めたみたい。
友人宅では、盛んに苔を入れてる動画を撮ったよ、とラインで送ってきた。
去年も同じ頃に営巣してたので、今年はやはり、開始が早い!
連休頃に巣立つかな? 楽しみ楽しみ(^-^*)/


 

足元の春

今日も嬉しい散策日和。足元の春、満喫(^-^*)/
(左・中)オオイヌノフグリ  (右)ヒメオドリコソウ
200312ooinu2.jpg 200312himeodoriko.jpg

たんぽぽも鮮やかな黄色、目立ちたがり。
200312tanpopo2.jpg 200312tanpopo1.jpg

坂道で白い花びらが散ってたので、見上げると、八重咲の梅の花が!
満開を過ぎたみたい。 

桜の名所でもある所、あちらこちら、去年の台風で遊歩道が崩れて
いて、市役所の車にあったから見に来ていたようだった。
遊歩道を車が登ってくるので、なんだ?と思ったら、それ。
歩いた方がちゃんと見れるんじゃあ?なんて、内心思ったりして。

新型コロナウィルスの影響で、小中高がお休みだからか、子供達が
数人、遊歩道を歩いていた。そうそう、人混みよりも野山の方が
空気がいいよね。でも、がけ崩れのところ、気をつけて気をつけて!

ウグイス初音 聞いたよ!

今日の散策で、クレソンを見つけた! 美味しそう!!
でもでも、摘んではいけない所なので見るだけにしたよ、残念だけど…。

200311kureson2.jpg 200311kureson.jpg

今日の散策の目的は、3つ。
1、ウグイスの初音を聞きたい。 2、エナガの巣材運びを見たい。
3、今季見ていない冬鳥のアトリを見たい。

3つ全部達成なら嬉しいけど、そうはなかなか。。。
なので、1つだけでも達成したいと思いながら歩いて、ホーーーホキョ!
聞こえた!! 嬉しい~♪
友人たちが数日前から聞いた聞いたと言ってたので、私も聞きたいと思い
陽だまりのある所を選んで歩いたら、まず見つけたのが、クレソン。
これも充分、早春感があるけど、と思いながら更に水辺を行くと、上手な
ホーホケキョが聞こえたってわけ。
すっかり上手になっていて、ケキョケキョケキョと谷渡りの声も。
鳴き始めの、へたくそな ケケ ケキョ も、聞きたかったなあぁ。。。

エナガの巣材運びは今日は見られず。 2羽で飛んではいたけれど。
アトリは今年は会えず仕舞いかなあ…。 どこそこに居たよ、と聞いては
いるけど、私の歩くところには出てくれないみたいだわ。(x_x)(x_x)
かわりに見えたのはマヒワ10羽ほどの群れ。撮れず。


今日は、東日本大震災から9年の日。 
TVやラジオでは、震災関連の番組をたくさん放送していた。
我が家では家人が忘れようよというので、そういう番組をじっくり見て
いられない。黙って心で手を合わせるだけ。
その日、マヒワが蒲生に出ていて、見に行ってる知人の安否を心配して
いたことを思い出す。あとで、帰宅途中、運転中だった、と聞いてほーっ。

冬の野山歩けば繭が見つかる!

昨日今日と、時々小雨&小雪の中、ちょっとだけ野山を歩いたら
繭がけっこうたくさん見つかったので、載せてみる。

下の3枚は、たぶん、ヤママユでいいんじゃないだろうかと思う。
去年のか、もっと前のかはわからないけど、うっすら緑色のと
すっかり色の無いのと見つかった。 枯葉をくっつけてる。
 200304mayu2.jpg 200305mayu3.jpg

(左)これはわかる、ウスタビガの繭。特徴ある色と形。
200304mayu3.jpg 200305mayu1.jpg 200305mayu2.jpg
(中・右)これはわからない。 枯葉にくるまれてて、よ~くみると
中に繭があったので、少し分解してみたら、繭の中に更に繭が!
始めてみたので、調べてみよう。 蝶か蛾か、それとも???


昨日も今日も小雪交じりで、風も強くて、鳥の声もしなくて寂しかった。
雪は積もるほどは降らない感じだったので、せっかくの自由時間と思い
歩いてみた。 
越冬している蝶を見つけたいと思っているのだけど、見つからない。


追記
昆虫に とても詳しい方にお聞きしたら、わからなかった繭は
クサグモの卵嚢でしょう、と。 
ぎゃあああああ、中の白い繭、開けなくてよかった。(@_@)(x_x)(@_@)
中は空っぽのようには見えたけど、わさわさと出てきたら……、ギョッ!


ぼかしをいただいたので

ぼかしをいただいたので、早速、空いてる畝にのせて
黒マルチをかけてきた。 
ミカン箱いっぱいのぼかしで、私の畝で、4つ分。
しばらくそのままにしておいて、じゃがいも植え付ける前に、ささっと
混ぜたらいいよ、と、くださった方が。 はい、了解です。
色々研究されてる方で、一番力を入れてるのが、EM。
よくわからないながら、やってみて、と言われたら、はい!と言って
その研究に一役かってる気分でやってみることにしている。
今年推奨なのが、ジャガイモの芽を伸ばして、芽をかいて、そのまま
植えるというもの。種芋も植える予定だけど、芽出しした芽も植えて
みるつもり。 出来具合を比べてみようと思って。

 200201maruti2.jpg


仙台でも、クルーズ船から降りた方のうち、新型コロナウィルスに
感染していることがお一人わかったということで、色々やはり支障が
起きている。

マスクもだけど、ティッシュやトイレットペーパーも店の棚から消え
いくらデマですとニュースで言っても、おさまらない様子。

学校関係は、野鳥観察を担当している小学校では、2/27、例年通り
関係した地域の方を招いての感謝の会でも、全員マスクをして、そして
今日で学校行事はすべて終わりです、と。
総理の、小中高の学校は春休みまで休校要請、その一日前のこと。

地域では、3/8に予定されてた、「東日本大震災を忘れない日」として
毎年震災に一番近い日曜日に実施していた、防災訓練が中止に。
「かからない、うつさない」行動を、という、緊急告知が郵便受けに
入ってた。回覧では遅いという判断でしょう。

プチベール 芽キャベツ ケール 収穫できた。

プチベール 芽キャベツ ケール 収穫できた。

といっても、こんな感じ。
(左・中) プチベール2種 (右)芽キャベツ2種
去年の経験だと、プチベールはまだまだ脇芽が伸びてくると思うけど
芽キャベツは、ん? 大きくなる気はないの?と言ってやりたいよ(@_@)
同じような芽の付き方をするものでも、こうも育ち方が違うと、
自分の下手さ加減をそっちのけにして、来期は植えても駄目かなあ~。

 200227putibell2.jpg 20227mekyabetu1.jpg


(左)直径1cmほどにしか育たない、芽キャベツ。
(右)こんもり ケール。 ケールは種からなので、こんなんのが
他にも10本ほど。 直径でいうと、20~30cmほど。

20227mekyabetu2.jpg 200227kell.jpg


プロフィール

kedama hakoron

Author:kedama hakoron
鳥 昆虫 猫 小動物 空 雲 森 葉っぱ 等々、
みんなみんな大好き!
畑仕事しながら、自然まるごとウォッチングな毎日。
貸し農園付近のことや、お散歩途中の出来事など書いていきます。
仙台市在住です。
HP「はっこわあるど」は、しばらくお休みします。20年の思い出が詰まっていますので、当分そのままにしておきます。
カウンター(右下)は、「はっこわあるど」を引き継いでいきますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ようこそ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア