FC2ブログ

菜園は冬眠中

200112saien.jpg 200112kyabetu.jpg 200112daikon.jpg

久々、菜園に行き、
白菜とブロッコリーを採って、埋めておいた大根を掘ってきた。

(左・中)ブロッコリーとキャベツ(不織布の中) (右)茹でた大根

食べられるサイズのブロッコリーをナイフで切って、その後はしばらく
そのままにしておくと、小さい脇芽ブロッコリーができるはずなので
春まではこのままにしておく。
キャベツは結球するかは疑問だけど、寒さにあたると、幾分甘みが
増すので、葉っぱ類として収穫する予定。

(右)土に埋めておいた大根を掘ってきて、切ってみたら、あららら、
スが入ってた(x_x) 残念。
なので、食べられそうな所だけ茹でて、冷凍することに。

スポンサーサイト



事始め 野山散策

正月気分が抜けて、早速に野山散策。

200107yadorigi.jpg 190122yadorigi.jpg
(左)見上げると、まんまるに、ヤドリギがオレンジの実をつけていた。
熟して食べごろに見える。 レンジャクのしわざか? 
ならその、レンジャクに会いたいなあ…。

(右)別の場所で去年見つけたヤドリギ。 
芽を出したばかりと思われる。 けっこう下なので、今後どうやって
育っていくのか見られそう。 見てやろう。。。


200107koori1.jpg 200107koori2.jpg kawagera2.jpg
(左・中)遊歩道を水が流れて少しえぐれている所が、バリバリッと
凍っていて、そのさまが綺麗なので、撮ってみた。

(右)セッケイカワゲラ 1cm位
>本州平野部では2~3月に雪上に見られ高山では雪渓上に夏に出現。
 体長は約10ミリで黒色、翅はなく、地域によってはその痕跡がある
 場合も。
 腹部は10節からなり、胸部は3節に分かれているように見える。
 氷雪プランクトンと呼ばれる、幼虫は渓流の水中に棲み、成虫は雪の
 中の藻類や原生動物などを捕食する。(ネットから引用)

1月もまだ初旬なので、少し早い気もすると、同行者が言っていた。
こういうのも、暖冬の影響か? よ~くみると、その隣の黒いものも
昆虫らしい姿(約5mm) 幼虫? それとも全く別の虫?


200107hagimasiko.jpg 200107hagimasiko2.jpg
(左・右)ハギマシコ(冬鳥) 今日は2羽。
斜面の雪がまばらな所で、落ちた草の実を食べているのかな。
保護色で、動いたので発見できた。 先月には20羽ほど見ているけど
降りてくれなくて撮れずにいた。
年の初めの鳥見、good! でした。(^-^*)/

他に見えた(声を聞いた)鳥は
ウソ カケス シメ ツグミ シジュウカラ ゴジュウカラ コガラ 
ヒガラ キクイタダキ コゲラ オオアカゲラ ヒヨドリ 

2020年もどうぞよろしくm(__)m



元日の朝、庭に一番乗りでやってきた、シメ(冬鳥)。
まだ、慣れてなくてすぐに飛び去ってしまうので、ガラス越しです。
慣れてくると、餌かごに張り付いて、スズメやシジュウカラを蹴散らして
ひまわりの種をバリバリと食べます。

今日は届いた年賀状を見ながら、懐かしい友人と会いたいなあ…、
十何年も会ってないと顔がわかるかなあ…などと考えた。
タイムトンネルをくぐった感覚かなあ。。。
賀状には、今年こそ会いましょう、とか、健康にだけは気をつけましょう、
なんて書いてある。 
今年で年賀状をやめます、というのも、あった。 なんだか寂しい話題。
賀状くらいやりとりしようよ、元気で居るよだけでもいいじゃない!
…と、私は思う。

大晦日は決まって・・・。

毎年、大晦日には決まってやることは、大掃除以外では
黒豆を煮る、と、餅つき機で餅をつく の2つ。

(左)黒豆を煮る  
一度市販の黒豆を買ったら、甘すぎてたいへんだった。 なので、
今年も自分で煮ることにした。 でも去年も一昨年も量が多くて
食べきるのに何日もかかったので、今年は半分の量だけ煮ることに。

(中)餅つき機で餅をつく 
娘たちがまだ家にいる頃は、餅つき機の周りには、娘たちの歓声が
あったけど、今年の観客は飼い猫の<そうた君>

(右)何してんの? 興味深そうに、付かず離れずの位置で見ている。

 191231motituki.jpg 191231souta.jpg


残り数時間、2019年が過ぎていきます。
困った大きな事件もなく、過ごしてこられたことに感謝。
そして、ブログで出会った方達との、楽しいブログライフにも感謝!
ありがとうございました。<(_ _)>
皆様にとって、どんな一年だったでしょう?
来年も(もう明日ですが) goodな年でありますように。
良いお年を。

植木屋さんがはいって

お願いしてから3ケ月、ようやく植木屋さんが剪定に来てくれた。
下見時は紅葉はこれからという時期だったのに、すっかり葉っぱが
落ちて寂しくなってたのに、切ったら更に、寒々しい感じになった。

(左)ニシキギ 真っ先に真っ赤になる木 
(中)その隣の エゴノキ 丸坊主になっちゃって…。
 他にも、八重桜 梅 まゆみ 金木犀 もみじ 等など、すっきり。
 エゴノキは実もかなり残ってたけど、まったく残ってなくて、
 おまかせしますと言っちゃうとこうなっちゃうんだ…、と。
 
(右)セイヨウヒイラギ(クリスマスホーリー)
 ナナカマドの下にあるので、植木屋さんが、痛かった…と。(@_@)
 すみませ~ん。 そうなのよ、痛い!を目的に植えた木だから。
 植木屋さんをいじめる為ではもちろんなく、十数年前にどうも
 庭を黙って通る子供や、夜、なんだか人が通る気がするとお隣の
 方が言うので、触れたら痛いのを植えたんです。
 で今は、真っ赤な実がいっぱいで、クリスマスの時期、いいなあ、
 なんてね。
 191228egonoki.jpg 191228horee.jpg


そして、庭の赤い実をつけてる植物たち。 
(左)南天 庭のあちらこちらに芽を出してる。 鳥のしわざですね。
(中)ヤブコウジ そろそろ株分けしないとと思ってる。びっしり。
 友人宅からいただいてきて植えたものが増えてる。
(右)オモト 植えた覚え無し。 犯人は鳥?
191228nanten.jpg 191228yabkozi.jpg 191228omoto.jpg


野鳥がくる庭を目指して、冬の間だけ、小鳥のエサを出してます。
そのおかげか、エゴノキやマユミ、ムラサキシキブ、ニシキギ カクレミノ
といった、小さい実のなる木があちらこちらから芽を出してます。
所選ばずなので、あらこんなところにと、にんまりの私。
ヤブランの青い実、きれい! 隣との境にマンリョウの赤い実、わお!
ヘクソカズラの実もかなりあったけど、植木屋さんに除かれちゃいました。
しかたないか…。植木屋さんには、不要!と判断されたね。実はツグミと
アカハラが食べに来たことあるんだけどな・・・。

ハダカギになって寂しくなった庭木を見ながら、少し感傷的になってます。
あ、そうそう、ホワイトクリスマスはほんの数時間で終わりました。

柚子をいただいたので

仙南(宮城県南部付近)の鳥友から、自家製柚子がたくさんあるので
もらって~~と、声掛けがあり、はあい! ほしいで~す!と手をあげて
もらってきた。 柚子の北限が仙南ですって。

 191223yuzu2.jpg 191224yuzuponzu.jpg

(左)ざるいっぱいのユズ(^-^*)/ 

(中)柚子酒 氷砂糖が無かったので、あとで追加することに。
  3~6ケ月熟成させる。 疲労回復 健胃整腸 風邪予防 などに
  よいらしい。酸味のある琥珀色になる予定。 
  飲む人は家人、私は下戸なので作る人。 

(右)柚子ポン酢醤油
  醤油と柚子しぼり汁同量 みりん1/5位 かつお節と昆布適量
  ひと晩おいて濾したとこ。 
  キュウピーのビンは、たまたまなので、そこに注目しないこと。

ポン酢用に絞ったあとの、皮部分は千きりにして、とりあえず冷凍。
柚子味噌にして、ふろふき大根にしてもいいし、蜂蜜に漬けて
お湯で薄めて飲んだりもいいかも。
絞った皮のいくつかは、お風呂に入れて、ゆず風呂にもしましたよ。
たっくさんありがとうございました。 ふふ(^-^*)/贅沢贅沢。

お菓子にしたりパンにしたり、ジャムにしたりと、色々使い道は
ありそうだけど、私ができた柚子の利用法でした。


今日(12/24)我が家はクリスマスのお祝いはしないけど、小雪が舞い
うっすらホワイトクリスマスになってま~す。

初冬の菜園

(左)ブロッコリー  (中)プチベール  (右)芽キャベツ
 191216putibell.jpg 191216mekyabetu.jpg

台風19号の時、不織布の中なのに泥水をかぶったブロッコリー。
なんとか食べられるくらいに育ってくれた。 一個づつ収穫して食卓に。
プチベールと芽キャベツは、まだそれほど育っていないけど、茎に
ちいさい芽がついてはいるので、望みは捨てていない。寒くなるけど
がんばれがんばれ!


(左)冬菜  (中)たあさい  (右)枯れちゃった人参の花
191216huyuna.jpg 191216taasai.jpg 191216ninzin_ha.jpg

冬菜とたあさいは、寒い時期の青菜をと思って植えたもの。
何度か間引きながら、今この状態。 雪をかぶれば甘くなって美味しく
なるはず…だけど、どうかなあ?
人参から1本だけ、花芽が伸びてたのを、もしかして種が、と思ったけど
ちぢれて枯れてしまってた。 種取りは断念。残念。 


この日も、菜園の上空をハクチョウが飛んで行った。

雪の季節到来

散策路や沢にうっすら雪。まだ時々降ったり消えたり。
 191213noyama2.jpg

そして、楽しいのが、けものたちの足跡。
いのしし りす たぬき  全部、かな? だけど。。。
191213asiato1.jpg 191213asiato2.jpg 191213asiato3.jpg

12/13(金)に歩いた時の、泉ヶ岳遊歩道。
スキー場はこの日真っ白だったけど、次の日にはもう地肌が見えていた。
滑っているスキーヤーはまだ居ない。
駐車場も、私たちのような、冬の小鳥探しの人か、本格的雪山以前の
山歩きの人の車が数台のみ。
鳥の出はいまいちだったので、もっぱら、けものの足跡見ながらの
散策になった。

今日の野鳥

 191207hakutyou.jpg 191207esakago.jpg

(左)アカゲラ2羽 
来週、近所公園で近所の小学校3年生の野鳥観察会があるので
下見がてら歩いて出会えた、アカゲラ。 左は♀だけど、右はたぶん♂
だろうとは思うけど、頭頂の赤がちょっと見えず。
紅葉はほとんど終わってるけど、まだ幾分広葉樹の葉が残っている。

(中)菜園に居る時に、頭上を飛んだ、白鳥たち。
この時期、よく見る光景。 声が先に遠くから聞こえてくるので、
きたきた・・・とカメラ構えて待ったけど、頭上通過早い(@_@) 
端っこにちょっと写っただけ。

(右)シジュウカラ  12月になったので、庭に餌かご設置。
シジュウカラとヤマガラと、団体でくるスズメたちがお客様。
中身は、ひまわりの種と、むきピーナツ。


他は、りんごやミカンがあれば出して、メジロやツグミ、ヒヨドリなども
やってきて、賑やかな庭に。

小粒だった里芋

 191128kallburo.jpg
(左)里芋
気温がぐっと下がる日が多くなって、急いで里芋を掘った。
肥料が足りなかったか、他の理由か、今年は小粒だった。
大きければ、土に深く埋めて保存しようと思ってたけど、
小さいのがほとんどだったので、自宅で保存することに。

(右)ケールとブロッコリー
ケールは見事にふさふさと育って、ご近所さんに、種取れたら
くれ! なんて要望があり、十数枚お分けした。
まだまだあるけど、どの程度の気温まで耐えるか、わからないので、
もう少し様子見で、菜園で待機に。

ブロッコリーは種から育てて、今季初収穫。とりあえず、1個。


191128tutan.jpg
庭先のプランターに蒔いた、ツタンカーメンの芽の今。
これで、約1っか月。 
菜園のサヤ類は、まだほんの少し芽をだした状態で、寒さ予防に
今日不織布を低くかけてきた。
風が強く、ちらちらと雪が舞ってたので、カメラ出さず、さっさと作業し
さっさと帰ってきた。ぶるぶるの冬がすぐそこに…。


毎朝、7時~8時くらいの時間帯に、我が家の上空をハクチョウが飛ぶ。
塒から餌場へ移動しているのかな。声でわかるので、カメラを向ける
時間がない。ああ、今日も飛んでいく……、といったとこ。


昨日は仙台市の北に位置している小学校で、4年生の野鳥観察会が
あって、鳥の仲間で参加してきた。
住宅地に隣接する林にある、カラスザンショウの実に、ぶらさがるように
アカゲラが採餌してた。それをプロミナに入れて、子供達が見てる時、
なんとアオバトも飛んできた! 6年ほど観察会をしていて、初めて出現!
子供達よりこちらが興奮してしまった(@_@) 
撮れなかったのが残念。 アオ〇〇というアオは、黄緑色が多いんですよ、
なんて一応説明しながら、実はもっとしっかり自分が見たかった。。。
(下)観察会の様子
191127kansatukai.jpg


プロフィール

kedama hakoron

Author:kedama hakoron
鳥 昆虫 猫 小動物 空 雲 森 葉っぱ 等々、
みんなみんな大好き!
畑仕事しながら、自然まるごとウォッチングな毎日。
貸し農園付近のことや、お散歩途中の出来事など書いていきます。
仙台市在住です。
HP「はっこわあるど」は、しばらくお休みします。20年の思い出が詰まっていますので、当分そのままにしておきます。
カウンター(右下)は、「はっこわあるど」を引き継いでいきますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ようこそ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア