FC2ブログ

菜園の昆虫たち

190926aokusa_ka.jpg 190926onbu.jpg 190926koaohana.jpg

(左)アオクサカメムシの幼虫   1cm位
 インゲンの葉っぱからポロっと落っこちてきたカメムシ。
 カメムシ類はあまり好きではないのだけど、最近変わった模様のを
 見るので、撮って、NET検索で探したら、同じ模様のが見つからない。
 では、幼虫? ということで、幼虫図鑑で探したら、居ました居ました!
 色も模様もさまざまな幼虫がいっぱい(@_@) その中から、これでは?
 と思ったのが、アオクサカメムシの幼虫。

(中)オンブバッタ    3cm位(♀)
 キャベツの不織布の上。 ♂が♀に乗っかって、♀を他の♂にとられ
 ないように?でいいかな。 緑色と茶色のカップル。

(右)コアオハナムグリ   1cm未満
 菜園の淵に植えてるマリーゴールドに潜り込んでる。
 隣はキャベツの不織布。 
 

他には、人参の葉っぱに、キアゲハの幼虫 数匹(日ごとに数が違う)
茶色のバッタ類がピョンピョンはねてる。
モンシロチョウ  キタキチョウ  キアゲハ などの蝶々もひらひら。
キャベツやブロッコリーや人参など、蝶たちのご馳走が(@_@)いっぱい
あるのが家庭菜園なので、仕方ないか、といったところ。


追記(9/29)
菜園の昆虫 追加。 気持ち悪い方は見ないでね。
キアゲハの幼虫 と バッタ2種

190929kiageha_yo1.jpg 190929kiageha_yo2.jpg 190929batta.jpg 190929inago.jpg



スポンサーサイト



菜園そばの そば畑にツマグロヒョウモン

菜園は今、いくつか苗を植えた状態で、雨の無い日に水やりに
いくのが日課。 作業はあまりない。
すぐそばのそば畑が蝶で賑やかなので、どんな蝶がいるかな?と
カメラ向けてみた・・・ら (^-^*)/

居た居た居た! ツマグロヒョウモン!

190906tumaguro2.jpg 190906tumaguro.jpg

190906tumaguro3.jpg 190906tumaguro4.jpg

庭の幼虫はみんな行方不明で、さなぎがひとつあるだけ。
なので、菜園でみられるなんて、嬉しいな 嬉しいな。(^-^*)/
よそ様の畑なので、踏み込むことはやめて、少し遠いのが残念。
なかなか翅を開いてくれないのも残念。

他にも、アゲハチョウ アカタテハ モンキチョウ モンシロチョウ 
蜂類もいっぱい。ひらひらひらひら・・・。


それから、毎年のお楽しみ、そろそろノビタキが来る頃。
なので、そちらも足を延ばしてみた。
あっ居た!と思ってよ~くみたら、ホオジロ(左) 幼鳥かな?
(右)七北田川向こうから群れでにぎやかに飛んできたのは、
コムクドリ。 30+くらい。
枝の中で難しかったけど、なんとか撮ってみた。
190906hooziro.jpg 190906komuku.jpg



ツマグロヒョウモン さなぎになったよ!

友人宅のスミレに、ツマグロヒョウモンがタマゴを産んだ、と聞いて
さなぎになったら、孵化したら、ぜひぜひ見せてほしいとお願いしてた。
温暖化のせい?(おかげ?) 仙台でも卵を生んじゃうんだあ・・・と
今までめったに見られなかった蝶なので、なんだか嬉しい。

ところが、友人がプランターごと我が家に貸してくれるというので
我が家の庭に生えてるスミレは、お気に召すかしら?と心配だったけど
とりあえず庭に移動させ、不織布をかけた。ふふ(^-^*)/ 野菜用なり。
幼虫がどっかへ行ってしまわないように。(中・右)
(左)友人宅のスミレ(スミレサイシンだそうです)

 190825sityu.jpg 190825fusyokfu.jpg


(左)友人宅のスミレに幼虫。 
25日は5匹の幼虫確認。 その後、28日には6匹になってた。(@_@)
(中)我が家のスミレ(園芸種)にも、1匹移動してたので、餌として
認識してくれたらしい。よかったよかった。 31日
(右)スミレサイシンの茎に1匹、さなぎになってたおぉ!! おおお!
でも31日には、幼虫3匹しか見つからず。 あとはどこへ? 

190825yo1.jpg 190831yo.jpg 190831sanagi.jpg

プランターや不織布にでもくっついて、さなぎになってないかと
あちらこちら見たけど、発見できず。
さなぎになるべく、不織布の隙間から、這い出して行ったか?
あたりも探してみなくちゃあ。。。

このまま、さなぎのまま冬を越すには、まだ充分暖かいから、
蝶になるかなあ? 来年はいっぱいスミレを植えよう。


追記(9/4)
不織布の外を幼虫一匹もそもそ移動してたので、あれ?と思い
中を確認してみたら、数匹居たはずの幼虫が行方不明(@_@)
さなぎになるべく、移動したかなあ? 
プランターの中にはさなぎがひとつ、くっついてるだけ。
囲っていても居なくなるのであれば、不織布の意味がないよね。
ひとつのさなぎの雨予防に上だけ残して、下の方は解放状態に
してみた。 
他の幼虫も、近くでさなぎになってくれたらいいなと思いつつ。

遊歩道で会った昆虫たち

いつもの散歩コースは、夏・夏・夏。
鳥の声よりも、蝉の声が響き、昆虫たちの夏・真っ盛り。

道路わきの草むらに、小さいシジミチョウが! あ、きれい!
翅を広げてくれるともっと嬉しかったけど、翅の隙間からチラリと
(左・中)赤いのがみえてるので、ウラナミアカシジミ でいいかな。
(右)ミドリシジミの仲間であろうとは思うけど、飛んでる時は赤茶系に
見えたので、♀なんだろうな。
 190729uranamiaka2.jpg 190729midori_ura.jpg


オオムラサキ
えのきの広場ではなく、古民家のあたりまで飛んできてた。
P1120361b.jpg P1120351b.jpg


サカハチチョウ
道路の日陰と日なたのわかれめで、動かず。 
暑いので、翅が開くまで待てなかった。
P1120456b.jpg P1120451bb.jpg


(左)エゾハルゼミ  (右)コエゾゼミ
エゾハルゼミは残念ながら、すでに命が尽きていた。
コエゾゼミは、木に飛んできたので、昔取ったきねづか?で、ひょいと
捕まえて羽根や身体を観察させてもらい、逃がしてあげた。(^-^*)/
190801semi1.jpg 190801_094934_Moment.jpg


少し小高い山の遊歩道だと、庭や近所公園では発見できない
色々な種類の昆虫にあえるみたい。


ジョウザンミドリシジミ

 190711omot1e2.jpg 190711yoko.jpg
(左)正面方向から (中)後ろ側から (右)横から・少しアップ

以前から、ミドリシジミに会いたいと思っていました。
つやつやした青がきれ~~い。 (^-^*)/ 
散歩してたら、腰くらいまでの高さの脚立にのって、蝶を撮ってる方に
出会い、そ~っと近づいて、聞いてみたら、
ミドリシジミの仲間で、ジョウザンミドリシジミ だと教えてもらった。
向きによって、青さが違って見える、光の反射加減なのかな。
その正面側から翅を撮ろうと、脚立に乗ってチャンスを待って
止まった瞬間を撮る、という。
ほら、今! と言って、私にも撮らせてくれたのが、上の画像。(^-^*)/


190711ura1.jpg 190711ura2.jpg

蝶しか撮らないという、その方に色々教えてもらい、
時間帯や、山の高さによって、この山でも、メスアカミドリシジミや
アイミノミドリシジミ が飛ぶらしい。
家に戻り、蝶図鑑を開くと、その違いなど載っていたが、はたして
フィールドで自分で見分けがつくかどうか……?

2頭や3頭 で、絡まるように飛ぶ様子は、オス同士の縄張り争い
なんだって。 
そういえば、菜園でもモンシロチョウ等も、そんな様子で飛ぶことも
あるのは、縄張り争いなのかな?
オスとメスのラブラブデート、と思ってた。

少し違う場所、エノキの林で、オオムラサキがそろそろ飛んでいる
のでは?と思って出かけたのだけど、今日はまだ飛ばず。
その蝶しか撮らない方に聞くと、このところ涼しい日が続いているが
今日明日あたり、気温が上がればそろそろ飛ぶのでは? って。

菜園はモンシロチョウの楽園

菜園はモンシロチョウがいっぱい。 
あっちでもこっちでも、ひらひらひらひら~~~。
キャベツ類を植えてる方が多いから、エサに困らないんだね、
春から秋まで、何度も卵を産むらしい。

190616monsirotyo.jpg 190616rurisizimi.jpg 
(左)そばの花にきていたモンシロチョウ。(他人様の畑)
(右)ルリシジミ (翅の表側が青い蝶) 
 モンシロチョウの次に多くいる蝶。 


190616kouzo.jpg
水場ちかくで、コウゾが実をつけていた。 
花の時期を見逃したかも。 赤い実になるはず。


昨日今日と雨降りで、水やりはお休み。 ほっとする。
小雨の中、土が柔らかくなってるので、お隣との境い目の草を
むしったり、土から出てるジャガイモに土をかぶせたり、カボチャの
向きをこっちこっちと誘因したり、そんな作業をしてきた。
雨もふったりやんだり。
雨の日の菜園は人が少なくて、よそ様の菜園を見て歩くのが
けっこう楽しい。 


追記(6/17)
菜園ではないけど、ルリシジミの集結をみた。
足元から10頭(匹?)以上飛ばれてしまい、しばらく動かずに待ったら
また集まってきた。

190617ruri.jpg

蝶々 ひらひら

アサギマダラ 
花に止まらず、地面にばかり止まる。
 190609asagimadara2.jpg

ミスジチョウ ルリタテハ ウスバシロチョウ
なかなか止まらず、止まっても向きが…(@_@) それに遠いよぉ…。
190609misuzityo.jpg 190609ruritateha.jpg 190609usubasirotyo.jpg

家から車で20分の山の麓付近
車寄せの砂利の所で、ひらひら飛ぶ蝶が見えたので、寄ってみたら、
アサギマダラ ミスジチョウ コミスジ ダイミョウセセリ などが
飛んだり地面に止まったりしてたので、撮れるかな?と カメラを
向けてみた。 こちらが動けば飛ぶので、翅がちゃんと開いた絵が
なかなか撮れず。
いちおう撮れたのだけ、載せてみる。


エゾハルゼミ 
幹に抜け殻 と いのち尽きて地面に。
190607semi_nu.jpg 190607semi.jpg

今の季節、散歩する時間帯にはすでに、エゾハルゼミ大合唱。
透明な羽根の為、鳴いてる姿を見るのはとても難しい。
たまたま見つけた抜け殻と、地面に命がつきて転がってたのを
撮ってみた。 鳥などの餌食にならず、姿全身が見られるのは
珍しいのでは? 


今日は、カッコウの声を聞きにスキー場の方まで行ってみた。
ホトトギスとツツドリの声は聞いてるけど、カッコウの声をまだ今季
聞いてなかったから。
スキー場過ぎた頃に、遠くに聞こえて、ああやっと聞いたな…。
舗装道路から砂利道になるあたりまで行って引き返してきた。
カッコウの他には、キセキレイの幼鳥が道路に居たり、コルリの声が
したり、餌をくわえたホオジロがいたり。
緑が濃く茂った森になって鳥の姿は難しくなってきている。


プロフィール

kedama hakoron

Author:kedama hakoron
鳥 昆虫 猫 小動物 空 雲 森 葉っぱ 等々、
みんなみんな大好き!
畑仕事しながら、自然まるごとウォッチングな毎日。
貸し農園付近のことや、お散歩途中の出来事など書いていきます。
仙台市在住です。
HP「はっこわあるど」は、しばらくお休みします。20年の思い出が詰まっていますので、当分そのままにしておきます。
カウンター(右下)は、「はっこわあるど」を引き継いでいきますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ようこそ!