FC2ブログ

シジュウカラ巣材運び はじめた。

シジュウカラが巣材運びをはじめた。
去年は 4/1 だったので、10日ほど早い。暖かい冬だったからかな?
窓越しに撮ってみた。
 200323suzai3.jpg 200323suzai2.jpg

夕方、西日があたって、暖かそう。 前側が東、後ろ側が西。
巣箱をかけてあるのは、おおてまりの木。 新芽が少し出て来てる。
200323suzai5.jpg 200323suzai4.jpg 200323sime.jpg

(右)八重桜にシメがきた。 まだ嘴は鉛色にはなっていないようだ。

巣材運びがはじまると、他の鳥や猫なども、落ち着かなくなるみたいで
今日は、ヒヨドリやスズメが巣箱近くによく姿をみせた。
のら猫がじっと小鳥の動きを見てたりして、シジュウカラも気を抜けない。 
私も気がもめる…。
で、手が空いた時はじっと庭を見てることに。
今日庭に来た鳥  
シジュウカラ ヤマガラ シメ ヒヨドリ スズメ コゲラ キジバト 



スポンサーサイト



バードケーキ2

昨日今日と、この冬一番の寒さがやってきた。
昨日うっすら降った雪が、今日になってもまだ庭に残ってる。
そんな時はのんびり、庭にくる小鳥を見ながら、珈琲タイム。

(左・中)バードケーキにメジロがやってきた。 (右)スズメも。
 200207meziro2.jpg 200207suzume.jpg
ラードを買ってきて、小麦粉と砂糖を混ぜて、白いお団子にして
見てないうちにけっこう食べられちゃうみたいで、毎日補給しないと
いけないみたい。


(左)イソヒヨドリ  (右)ツグミ
200207isohiyo.jpg 200207tugumi.jpg
ほんの数秒、イソヒヨドリが止まった! カメラぶれた(@_@)
玄関前の電線にツグミが、こちらは しばら~く居た。
バードケーキには来なかった…。


バードケーキに

バードケーキに、シジュウカラとヒヨドリがやってきた。
シジュウカラは、普段はピーナツやひまわりの種を、ヒヨドリはリンゴを
食べにやってくるけど、バードケーキはどちらも啄ばむみたい。

 200127sizyukara1.jpg 200127sizyu_mizu.jpg

200127hiyodori2.jpg 200127hiyodori.jpg

他にもなにかやってきたら撮ろうと、カメラ持ったまま珈琲タイム。
待ってるとなかなか来ない・・・。

今日、庭に来た鳥は、
シジュウカラ ヤマガラ メジロ ヒヨドリ キジバト スズメ ツグミ

昨日はひょっこり、餌かごにイソヒヨドリが止まった(@_@) おっ!
カメラ、手元になくて、10秒ほどで飛んじゃって撮れず。
なので、自宅にいる時はカメラをいつも肩から下げとこう。。。

2020年もどうぞよろしくm(__)m



元日の朝、庭に一番乗りでやってきた、シメ(冬鳥)。
まだ、慣れてなくてすぐに飛び去ってしまうので、ガラス越しです。
慣れてくると、餌かごに張り付いて、スズメやシジュウカラを蹴散らして
ひまわりの種をバリバリと食べます。

今日は届いた年賀状を見ながら、懐かしい友人と会いたいなあ…、
十何年も会ってないと顔がわかるかなあ…などと考えた。
タイムトンネルをくぐった感覚かなあ。。。
賀状には、今年こそ会いましょう、とか、健康にだけは気をつけましょう、
なんて書いてある。 
今年で年賀状をやめます、というのも、あった。 なんだか寂しい話題。
賀状くらいやりとりしようよ、元気で居るよだけでもいいじゃない!
…と、私は思う。

今日の野鳥

 191207hakutyou.jpg 191207esakago.jpg

(左)アカゲラ2羽 
来週、近所公園で近所の小学校3年生の野鳥観察会があるので
下見がてら歩いて出会えた、アカゲラ。 左は♀だけど、右はたぶん♂
だろうとは思うけど、頭頂の赤がちょっと見えず。
紅葉はほとんど終わってるけど、まだ幾分広葉樹の葉が残っている。

(中)菜園に居る時に、頭上を飛んだ、白鳥たち。
この時期、よく見る光景。 声が先に遠くから聞こえてくるので、
きたきた・・・とカメラ構えて待ったけど、頭上通過早い(@_@) 
端っこにちょっと写っただけ。

(右)シジュウカラ  12月になったので、庭に餌かご設置。
シジュウカラとヤマガラと、団体でくるスズメたちがお客様。
中身は、ひまわりの種と、むきピーナツ。


他は、りんごやミカンがあれば出して、メジロやツグミ、ヒヨドリなども
やってきて、賑やかな庭に。

この秋も ノビタキ!

この秋も、ノビタキ!
そろそろ、通る頃と思い、毎年見かける場所へ、3日前から
菜園の帰りに寄ってみてたら、今日、最初の一羽に会えた。(^-^*)/
少し遠いので、画像はこんな感じ。 あぜ道のぴょんと伸びた草の上。
時々ひらっと飛んでは、だいたい同じ草に止まるを繰り返してた。
去年のブログを見たら、秋のノビタキ始めが、なんと同じ、9/7。

 190907nobitaki.jpg


(左)足元で、ぴょんと飛んだ緑色のバッタ。 
図鑑で調べたら、ヒメギスが一番近い。背中の緑と、とんがった尾っぽ、
長~いひげ、強そうな後ろ足。
(右)にらの花の常連さん コアオハナムグリ
190907himegis.jpg 190907hanamuguri.jpg



散策目的は違ったのだけど

今日の散策の目的は、
そろそろ飛んでるのでは?と、オオムラサキを探しに。
その場所に着くと、えのきの上の方で、ひら~りと飛んでいて
やったあ、2年ぶりだぁ・・・と、なんとか止まってくれるのを待った。
でも、止まらず(@_@) 又の機会にということに。

で、帰り道、地面からふらりと木の枝に止まったのが、
190718tutudori1.jpg 190718tutudori2.jpg


トケン類とはわかるけど、鳴かないので、名前は? 
識別できなくて お聞きしたら
今年生まれの赤色型ツツドリの若鳥だろうと教えていただいた。
薄暗い場所でくっきり撮れてないけど、会えたのが嬉しいので
載せちゃいます。
ツツドリは 夏鳥の仲間でも早めに飛来して、森の奥から、
ホホホホホ ホホ ホホ と、声はよく聞くけど、姿を見るのは
とても難しい鳥なので、今日は、ラッキー。\(^o^)/

オオムラサキ以外には、セセリチョウがいっぱい見られた。
先日のミドリシジミは、時間がちがうのか、それとも飛ぶ時期が
過ぎたのか、今日は会えなかった。

190718himeki.jpg 190718himeki2.jpg 190718himegis.jpg
ヒメキマダラセセリ と ヒメギス

次回はきっと、オオムラサキを撮りたいな。。。


追記(7/20)
190720oomurasaki1.jpg 190720oomurasaki2.jpg
オオムラサキには会えたけど、翅をまったく開かなくて
今日も翅を開いた姿が撮れず。

190720hiodosi o 190720hiodosi u
ヒオドシチョウ♀ 表と裏
建物では樹液はないと思うけどなぁ・・・。

田んぼや沼では

田んぼや沼では、にぎやかに雛たちが育っていた。

葦の中や縁などで、オオヨシキリ。黄色いくちばしがかわいい!
190708ooyosikiri_yo3.jpg 190708ooyosikiri_yo2.jpg 190708ooyosikiri_yo1.jpg

カルガモ親子も用水路に。
190708karu_yo6.jpg 190708karu_oyako.jpg


カンムリカイツブリの幼鳥の顔は縞模様
190708kanmuri1.jpg 190708kanmuri2.jpg


親たちは必死に雛たちを守りながら、子育て奮闘中。
みんなみんな無事に育って成鳥になってほしいな。

シジュウカラ巣立ち日記2019

2018年に続き、2年連続、庭の巣箱でシジュウカラが巣立った。
自作の巣箱で、作って数年さっぱり入らず、去年は9年ぶりだった。
最近知ったこと、DYIの端材を使ったのだけど、腐らないように、虫が
入り込まないように、薬品をしみこませてあると聞いた。
そうだったのか…と今頃納得。 それが抜けるまで、野ざらしで数年
かかってしまったんだと気が付いた。
これから作る方、よ~く水にさらすなどしてから、作るといいですよ!

 190415suzai2.jpg

今年の巣材運びは4/1に始まった。 始めは、苔から(左)
(右)その後白い毛のようなもの。 巣材運びはすべて♀が頑張ります。

ベッドが出来たら、一日に一個の卵を産み、産み終わると抱卵に入る。
何個産むのかはわからないけど、条件が良ければ10個ほど産むらしい。
♀が抱卵に入ると、しーーーんと静かになり、ホントに入っているの?と
心配になるほど。
でも大丈夫、一日数回ほど♂が近くで♀を呼ぶような感じで鳴き、
巣箱から♀が飛び出してきてどこかへ食事にいくみたい。
その後静かに♀は巣箱に戻って抱卵………。

ヒナが孵ると、ようやく♂も巣箱にはいれる。 ♂と♀とで、餌運び。
そのうち、チチチチ チチチチ と ヒナの声がしてきて、約一週間ほどで
突然、巣立ちショーのはじまり。
今年は巣材運びから54日かかった。 去年は47日で巣立ってるので
シジュウカラペアの状況で変わるんだなあと思った。

190524hina1.jpg 190524hina2.jpg

5/24(金)夕方4時頃外出から帰ったら、巣立ちの真っ最中で
あわわわ、間に合った! カメラカメラ。 すでに巣立ったヒナが、
桜の中と電線に。 夕方に巣立つなんて思っていなかったよお。
確認は2羽だけど、もっと巣立っていたかどうかは、わからない。

でも、5時頃になってもまだ、巣箱の中にヒナが居る。
親も必死に巣立ちを促してるようだったけど、なかなか出てこない。
で、結局、次の日まで日をまたぐことになった。 
二日に渡って巣立つ経験は私も初めて。


190525oya1.jpg 190525oya2.jpg

次の日(25日)残った子の巣立ちは早い時間では、と思い、
物好きだねという家人の言葉も耳をすり抜け、早朝4時半から
スタンバイしてみてたけど、なかなか慎重なヒナのようで、出てこない。
親も餌を運んできては呼んでみたり、すでに巣立ったヒナの世話も
しながらだから、気がきじゃないよね。


190525hina1.jpg 190525hina2.jpg

ようやく巣穴から顔をのぞかせた雛。
わくわく、なのか、ドキドキ、なのか、どうしよう、どうしよう、かなあ、
かなりの時間をかけて、ひょんと一羽飛び出てきた。 あ~やっと、
と一息ついてたら、またひょんと! 続いてもう一羽ひょん!
えーーーー(@_@) 結局、居残りさんは3羽。 びっくり。
日をまたいだだけでも(@_@)とおもったのに、3羽も残ってたなんて。
この時点で午前11時を過ぎてた。

この子たちはしばらく庭の木の枝の中や、お隣の木の中などに居て
その後親と共に飛び去って行っちゃった。
飛び出す瞬間、動画を撮ってたけど、うまく撮れてなくてアップできず。

長くなりました。
無事に巣立ってくれて嬉しいぃ~♪ あとは、無事に成鳥になるよう
祈るのみ。
今は静かになった庭に空き家の巣箱がぽつねんとそのまま……。

エナガ通り抜け

朝、我が家とお隣の庭で、エナガの声がしたので
カメラもって外へでたら、急いで通るところだったようで
あっという間に通り過ぎて行っちゃった。。。

でも夕方、また声がして
ひな連れの親子が桜やナナカマドの中にいるのがみえた!
今度はそ~っと窓を開けて、見える範囲に居ないか確かめてたら
お隣のニシキギの隙間にヒナ発見。 
別の場所から親の声が! 動くなよ…と言ってるみたいだったよ。
雛はじーーっと動かず、カメラにおさまってくれて嬉しいぃ♪
でも、親が心配してるから、早々にカメラをひっこめたら、親の声の
方向へヒナが移動。 無事に成鳥になってね。(^-^*)/

 190513enaga_hina2.jpg 190513enaga.jpg
(左・中)ヒナの様子。 きいろいくちばし、かあいい~~~♪
(右)親 編み戸越しなので、グーーとは言えないけど、証拠写真。


庭では、シジュウカラが営巣中。
4/1に巣材運びが始まっているので、巣立ちは今週中では?と
こちらも楽しみにしている。

プロフィール

kedama hakoron

Author:kedama hakoron
鳥 昆虫 猫 小動物 空 雲 森 葉っぱ 等々、
みんなみんな大好き!
畑仕事しながら、自然まるごとウォッチングな毎日。
貸し農園付近のことや、お散歩途中の出来事など書いていきます。
仙台市在住です。
HP「はっこわあるど」は、しばらくお休みします。20年の思い出が詰まっていますので、当分そのままにしておきます。
カウンター(右下)は、「はっこわあるど」を引き継いでいきますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ようこそ!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア