FC2ブログ

雪のち晴れ

昨日から雪降り。
朝のうち、水分たっぷりの雪にかわり、庭の木の芽や花芽に
重そうにのってる。

(左)ボケ    (中)ウグイスカグラ    (右)オオテマリ
190331boke.jpg 190331u_kagura.jpg 190331ootemari.jpg


(左)シジュウカラ と ヤマガラ  (右)キジバト
190331kara2.jpg 190331kizibato.jpg

昼前には雪はやみ、青空になってきて、ほーーっ!
実は先週月曜に、すでにタイヤ交換をしてしまってた。
予報どおりだったので、一応今日は出かけずに済むように、と
買い物や菜園作業はお休みにはしたのだけど、そうなると
青空が恨めしい気もするから、人って変、だよね!

たっぷり菜園は潤ったと思うので、明日からまだ未耕の畝を
耕すつもり。 
気の早い菜園の隣人たちはもう、ジャガイモを植えていたし。

今日の庭への来客は
スズメ  シジュウカラ  ヤマガラ  キジバト  シメ


スポンサーサイト



桜開花一歩手前で、雪が!

190330niwa1.jpg 190330niwa2.jpg

桜開花予想日が早まったというニュースを聞いたのに、
その一歩手前で、なんと、雪が降ってきた(@_@)
始めチラチラ、ん、たいしたことないな、なんて思ってたら
夕方になるにつれ、音もなく、いつのまにか、しんしんしんしん。。。
水仙、ヒヤシンス、クリスマスローズも、寒そう…。
地面もみるみる白くなってきた。
この分だと、ソメイヨシノ、4/1開花予想は、何日か遅れるかも。


190330suzume1.jpg 190330suzume2.jpg

餌かごに、どーーーっとスズメがやってくる。
白くなったお向かいの屋根にも、スズメ スズメ スズメ。。。
その隙間をぬって、シジュウカラ ヤマガラ も餌を啄みに
やってくるけど、カメラ向けた時には もういない。(x_x)

一昨日(3/28) シジュウカラ♀が巣箱に入って、中を確認して
いる様子だったので、そろそろ苔運びを始めるかも、と
思っていた矢先の、雪。 こちらも幾分遅れるかなぁ。
同じ日、空からツバメの声が聞こえていた。 近所で営巣場所を
探しているかも。 
我が家の壁は残念だけど、ツバメには気に入ってもらえない。

初めての ビーツ \(^o^)/

 190323beet2.jpg 

ケールといっしょに、ビーツをいただいた。 私にとって初めての
ビーツ。 見た目、ごろっとしたジャガイモのような、武骨な感じ。
でも、包丁を入れたら、サクッと切れて、まるで血が滴るように
真っ赤な汁が出た。(@_@) びっくり!(@_@)
食べる輸血と言われるほど栄養素が豊富な奇跡の野菜だとか。

190323beet3.jpg 190323beet4.jpg 190323beet5.jpg

まな板も真っ赤になりそうだと思って、ラップを敷いて粗みじんに。
それを炊飯器に入れて、炊き込みご飯に。
これも、さちこさんに教わりました。 血のようなごはんになるの?と
少し気持ちざわざわ。でも、穏やかな色になって、内心、ほっ。(^-^*)/
ビーツ半分と米2合、炊き上がったとこに塩を少しパラり。
歯触りは、かぶのようなヤーコンのような、すこしシャリシャリとしてて
お赤飯とも又違った赤いご飯でした。美味しい~♪ そして珍しい~♪ 
長く保温すると色がさめるそうなので、残ったご飯は、おにぎりにして
冷凍室へ。 


190324beet1.jpg 190324beet2.jpg

残り半分のビーツは、どうしようか悩んで、いつものスムージーに
することに決定。 多分、変わったものを食卓に出すと、これなに? 
と、敬遠する家人なので、サラダやスープは駄目かもと思ったから。

で、今朝のスムージーの材料は、
りんご ビーツ 酢漬け玉ねぎ 白っぽいプチベール 人参と、
あとはいつもの、ヨーグルト レモン汁 豆乳 ハチミツ
濃いピンク色のスムージーができた!  
ビーツは、0.5cm巾くらい使ったので、あと2~3回は飲めそう!
ビーツ自体は味にくせはなく、ストロベリージュースと言っても
わからないかも。
ケールを使わなかったのは、以前、緑の野菜と赤い人参を材料に
したら、土色になってしまったから。

こうなると、産直市を覗くときは、ビーツを探してしまうかも。
なんだかとっても、嬉しい美味しい体験ができた。
ありがとうございます。


今日は午前中、雪がちらちら舞う寒い日で、風も強い日になって
菜園の帰り道、七北田川の上空を飛ぶ、ツバメの群れを見た。
もう見たよと、友人は言ってたけど、私は今日が初見!
ツバメとイワツバメが20+ほど、乱舞。 
来たねえ! 春だねえ!

ケール植えた。

190322kale1.jpg 190322kale2.jpg

菜園に3株のケールを植えて、ビニールをかけた。
今週末は最低気温が0度くらいになるらしいので、まだまだ
油断できない。
ベランダの2株は、1株づつにして植えなおし、やはり保温を。
色々な作業開始は、桜開花のニュースが出てからの予定。


 90322smoothie2.jpg 190322smoothie3.jpg

いただいたケールをくわえて、今朝のスムージー(^-^*)/
ケール プチベール りんご みかん 玉ねぎ酢漬け
豆乳 ヨーグルト レモン果汁 ハチミツ 
量はたいがい目分量で、(O型さんはおおざっぱ) 二人分の
スムージーができた!
ケールをくださった、さちこさん、ありがとうございます。<(_ _)>

ケール送っていただきましたあ(^-^*)/

 190320kale2.jpg 190320kale3.jpg

ケール、送っていただきましたあ。 (^-^*)/ ビーツのおまけも。
早速、葉っぱをちぎって食べてみたら、苦くな~い!
嬉しいぃ~~! ありがとうございます。(*- -)(*_ _)ペコリ
そして、なんと根っこが付いたものが5株もあり、急いでとりあえず
2株をプランターに植えて、夜はまだ寒いので、ビニール巻いて。
残りは菜園にちゃんと植える予定でいます。根付きますように。

そして、お礼の電話をしたら、おお~きく葉を広げるので、間隔を
とってとアドバイスをいただき、ありゃ、このプランター植えでは
狭いと気が付いたので、明日1株植えにし直して、残りは菜園に
植えようと思います。

ビーツはごはんにするとピンクになって楽しいんだって。
わくわくわく。 


190320mozu.jpg 190320akahara.jpg 190320sitateha.jpg

菜園そばの林に居た、モズとアカハラ。
蝶は、翅の切れ込みが深いので、シータテハ かなぁ。
表を見せてくれなかったので、未確定。 冬期間、成虫で越した
蝶が暖かい日にひらひら飛ぶ季節がやってきた。

ウグイスとヒバリの、さえずる声が響いてた。
そろそろ川沿いでツバメの飛翔が見られるかなあと思ったけど
今日のところは飛ばず。 


プチベールと菜花

190317putibell.jpg 190317nabana.jpg

(左)プチベール2種  
プチベールがいっぱいくっついていて、嬉しいぃ!
結局、自分で種をとって植えた苗は1本しか育たず、それも
かなり丈が低くて伸び悩んだ。
苗で買って植えた2種は、なんとか採れるところまでこぎつけた。
根元を落ちた葉っぱなどで覆って、マルチっぽく保温したのも
よかったかも。
さっと茹でて、おひたしやバター炒めなどでも癖がなくいけるけど
私は主に、朝のりんごとヨーグルト、豆乳などで作るスムージーの
材料にする。無農薬で作るのもそのため。

(右)菜花2種
左はまだ真ん中の花が立ち上がってきていないもの。
右はすでに一度真ん中を摘んでいるので、わき芽が出てきたもの。
ほろ苦いかなと思ったけど、雪や寒風をかぶったからかしら、甘みが
あるおひたしに。 

白菜も真ん中の花が立ち上がってくるのを待ったけど、残念ながら
その前に、白く枯れたようになってしまった。早めに不織布をかけた
のになあぁ。

今日は、3つの畝をほっくりかえして、土の塊をほぐしてきた。
あいてる畝はまた今度。
腰にこない程度にゆっくりやろうと思ってる。 暖かくなってきたから、
ハコベやオオイヌノフグリなど、隙間にはびこり始めてる。
抜いてひっくり返して乾燥させて、そのうち土に混ぜて肥料にする
つもり。

菜園のお隣さんは今年も、草は許さないという勢い(@_@)
A型かAB型か、なんてちらと思いながら、真似できないなあ…(x_x)
なんとか迷惑にならないように、隣接するとこだけ、草むしってきた。
ご近所付き合いは、なにかと気を使います…。


リスの巣ですって。

 190316risu.jpg

(左)リスの巣、と教えてもらって、けっこう見晴らしのいいとこに
つくるのねえ、なんて思っての帰り道…、
(右)木の枝を走る、リスを見ちゃった。
ちがう場所なので、この子の巣では無い、とは思うものの、
なんだか、タイムリーで楽しかった。

足元には、落ち葉の中から、スミレとセリバオオレンの花が。
190316sumire.jpg 190316seribaooren.jpg


雪の消えた遊歩道で見えたもの

1ケ月前は真っ白な遊歩道だったところが、今日(3/12)は雪が
消えて、ところどころ雪が残っている状態になっていた。
昨日(3/11)の雨で、いっきに雪解けが進んだようだ。
東日本大震災から8年の昨日、雨の中、各地で鎮魂の行事が
あった。
我が家はその日、私は自宅で、夫はジムで、娘は会社で体験した。
走馬灯のように色々な出来事がよみがえるが、意外に今は平穏に
暮らしているのを、感謝するいちにちになった。

190312yuhodo1.jpg 190312mansaku.jpg 190312kumadana.jpg

(左)遊歩道   (中)まんさく満開   (右)熊だな 
雪の重みで倒れていたクマザサが起き上がってきてて、これは
ひとりでふらふらと歩けないなあと思った。
ひょいと出くわすのが、テンやリスなどだったら、おっ!でいいけど
冬眠から目覚めた熊だったら、ぎょっ(@_@)(@_@)っということになる。
意外に低い所に、熊だなも発見。 折った木の枝をお尻の下に
敷いて、そこに座り込んで木の芽など食べるんだとか…。


190312meziro_su.jpg 190312su.jpg 190312mahiwa.jpg

(左)メジロの巣かな? 
(中)なんの巣かな? ヒヨドリ位の大きさの鳥。
巣作りの頃は、木の葉にすっかり隠れてしまうから、人の目に
ふれるのは、葉っぱが落ちた晩秋から早春の頃。

(右)はんのきに群れていた、マヒワ。 証拠写真にもならず(x_x)

※この日の目撃&声の聞こえた鳥
マヒワ50.+   アトリ5+   コゲラ  アカゲラ2  エナガペア
シジュウカラ  ヤマガラ  ヒガラ  コガラ  ゴジュウカラ
メジロ   トビ  ノスリ  ハシブトガラス   ミソサザイ  

始動といっても、まだまだ

菜園始動といっても、まだまだ朝の気温が1度とかなので
なかなかスタートダッシュができないでいる。

 190310niwa_hatama.jpg 190310niwa_suisen.jpg

(左)ベランダのプランター植えのさや。まだ保温中。
(中)芽がでた玉ねぎを土にひねって、葉玉ねぎになったもの。
(右)木の根元の、水仙がつぼみをつけている。


190310mizuba.jpg 190310saien.jpg

(左)菜園の水場。小さな小川で、ちょろちょろ少し流れてる。
(右)黒マルチの玉ねぎの手前を、耕してきた。

向こう側のビニールは、向こう半分ビニールを開けた、スナップ。
右隣り(写っていない)の畝に、菜花とツタンカーメンとサヤと
プチベール(未熟)が、なんとか頑張って春を迎えた。

腰にこないように、空いた畝を少しづつ耕して、春植え野菜に
備える予定。

菜園はそろそろ人が増えて、作業が始まっている様子。
野鳥は今日は居なかった。


菜園そろそろ始動

2月末に更新手続きをして、今年も、菜園そろそろ始動。

 190305snap.jpg

晩秋蒔きの、ツタンカーメン(左)とスナップエンドウ(右)
厳冬期が過ぎたので、不織布を半分開けてきた。
100%無事、というわけにいかず、枯れたのもあった。
サヤエンドウは、蒔く向きを他のと違う向きにしたら、
50%しか残って居なくて、来期の課題に。

大家さんは、農家さんが使わないような土地をあちらこちら
大小さまざまの空き地を取得し、貸し農園にしているようで
北風がびゅーんと吹き抜ける私の菜園は、冬期間は厳しい。
工夫が必要になるなあ…。


190305nabana1.jpg 190305nabana2.jpg

(左)冬越し菜花が、真ん中のつぼみをつけ始めていたので
(右)収穫してきた。 

ほろ苦、かと思ったら、甘いおひたしに。 美味し~い♪
第一号、春の恵みなり!


190305tugumi.jpg 190305isohiyo2.jpg 190305isohiyo1.jpg

菜園で、菜花やミミズを啄んでいたのが、ツグミとイソヒヨドリ。
人の出入りが少ないので、自由にのびのび…?と。
イソヒヨドリは幼鳥♂のよう。 

そうそう、ウグイスの初音を、昨日(3/3)聞いたよ~♪
ホーーホケキョ。 けっこう上手だった。(^-^*)/



プロフィール

kedama hakoron

Author:kedama hakoron
鳥 昆虫 猫 小動物 空 雲 森 葉っぱ 等々、
みんなみんな大好き!
畑仕事しながら、自然まるごとウォッチングな毎日。
貸し農園付近のことや、お散歩途中の出来事など書いていきます。
仙台市在住です。
HP「はっこわあるど」は、しばらくお休みします。20年の思い出が詰まっていますので、当分そのままにしておきます。
カウンター(右下)は、「はっこわあるど」を引き継いでいきますので、よろしくお願いいたします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ようこそ!